「風土」「好奇心」をKey word に、Local Wine Life を実践する 甘辛ミックス・コラム
多摩川ワインボーイズ > アジアンおかずで楽しむリースリング・ワイン
リゾート気分を満喫
Vol. 4 アジアンおかずで楽しむリースリング・ワイン


白ワインの女王  リースリング


リースリング。
それは香りが高く繊細で、綺麗な酸味と優雅なスタイルを持つワインを造る白ブドウ。

 

原産地のドイツではその冷涼な気候を活かして、高い酸味と上品な甘さのバランスが取れた、低いアルコール度のワインを産しています。又、ブドウ栽培に関して恵まれた中気候を持つ産地では、長いブドウの生育期間から生れる凝縮度合の高いワイン(アウスレーゼ)や、特別なカビの作用による高価な極甘口ワイン(ベーレンアウスレーゼ、トロッケンベーレンアウスレーゼ)も造られています。

一方、ドイツの産地よりも温暖な気候を持つ、フランス北東部のアルザスや、オーストリーのヴァッハウ。そこでは、アルコール度数が幾分高い、辛口で豊かなボディを持つスタイルのワインが造られています。
もちろんシャルドネ同様にニューワールドでも広く栽培されていて、特に南半球のオーストラリアやニュージーランドでは、食事に合うワインとして親しまれています。


リースリングにはアジアンおかずを合わせて


 香草や香辛料によるはっきりとした風味が特徴のアジアンおかず。最近では、日本の家庭でも人気急上昇中です。現在、前述のオーストラリアでは、移住してきたアジアの国々の人々が経営する洗練されたレストランと、リースリング・ワインとの組み合わせが大人気。リースリングの持つ高い香りと酸味が、エキゾチックな味わいのお料理と良く合うことが広く知られてきたからです。

そこで、今回は定番のアジアンおかずに、フルーツを加えてよりワインに合うような提案をしてみました。洗練というよりも、大胆さを狙ったマリアージュですが、食卓のアクセントとして一度お試しになってみてくだされば幸いです。尚、今回はレシピの掲載はありませんが、ネット上を検索すれば探せる基本的なレシピに、提案したフルーツを加えれば、どなたでも簡単に調理することができます。


>> リースリング・ワイン&アジアンおかずの組み合わせ

多摩川ワインボーイズTOPへ

Copyright© 2010 Taste & Fun Co.,Ltd All right reserved